株式会社ユニバーサル山形が運営する、在宅リハビリ看護ステーションつばさ、在宅リハビリ看護ステーションつばさ米沢サテライト、在宅リハビリ看護ステーションつばさ天童サテライト、居宅介護支援事業所つばさ、居宅介護支援事業所つばさ天童、グループホームつばさ栄町、グループホームつばさ原町、小規模多機能つばさ原町のブログ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昔から、この時期に西村山地方では、「なだまぎ」という柚餅子のような食べ物を食べる習慣があります。
いつ頃からどのような形でこのような風習が始まったのか等の起源は分かりませんが、利用者様方は「「なだまぎ」は毎年この時期に食うんだ(*^_^*)」と教えて下さいましたので早速作ってみました。
まず初めに・・・山から採ってきた「笹の葉」をきれいに拭きます。
DSC09218_R.jpg
男性の利用者様も一緒に「笹の葉」を拭きますDSC09219_R.jpg
拭きあげた「笹の葉」にもち粉をいい感じに練った「なだまぎ」のタネをのせて・・(^^♪
DSC09230_R.jpg
DSC09240_R.jpg
はい!できあがり!!!
DSC09256_R.jpg
この利用者様が持っている笹の葉の正方形のモノが「なだまぎ」です!(^^)!

これを蒸し器で30分~40分ほど蒸かせば・・・・
DSC09281_R.jpg

はい出来上がり!
DSC09283_R.jpg
これが、「なだまぎ」です(*^_^*)
因みに、今回は「醤油」味でしたが、「味噌」や「塩」、変わりダネでは、「牛乳味」なんてモノもあるそうですよ(@^^)/~~~

DSC09720_R.jpg
「なだまぎ」旨いな~!(^^)!「やっぱりこの時期はこれだべ~(^^♪

【2017/06/26 17:34】 | その他
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。